Skip to content

中国四国支部:研究会のお知らせ(研究発表募集)

2017年 12月22日

支部会員の方は、中国・四国支部のページにてご確認ください。

 

【重要】中四国支部 発表希望者の方へ

12月20日締め切りの発表レジメ送り先のホットメイルアカウントブロックにより皆様のメール等が読めなくなりました。

つきましては、発表希望の方は再度、レジメ等を以下のアドレスにお送りください。

新しい以下のアドレスにおける締め切りは、H30 年1月15日とせていただきます。

既に発表希望で申し込まれた方には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願いいたします。

新しいアドレス: takapi924@hotmail.com

レジメ締め切り: 2018年1月15日

採否決定:    2018年1月18日

九州支部:第30回九州支部大会のお知らせ(研究発表募集)

2017年 11月17日

支部会員の方は、九州支部のページにてご確認ください。

なお、本支部大会は他支部の会員の研究発表も可能です。

 

関西支部:12月例会のプログラム

2017年 11月17日

12月9日(土)に行われる関西支部12月例会のプログラムが出来上がりましたのでお知らせいたします。多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2017年12月9日(土)12:45~

場所:同志社大学今出川キャンパス 弘風館 K31、K35、K22番教室

大会プログラム:2017年12月例会案内   2017年12月例会案内(別表)

海外提携学会(韓国):『日本文化学報第76集』への投稿のご案内

2017年 11月4日

韓国日本文化学会より『日本文化学報』第76集への論文投稿に関するご案内をいただきました。

ご不明な点は、韓国日本文化学会(jbunka@hanmail.net)にお問い合わせください。

  • 論文投稿:本学会では2018年02月28日(水)刊行の『日本文化学報』第76集に掲載する論文を募集します。
  • 投稿分野:日本伝統文化(語学,文学,日本学,教育),大衆文化(語学,文学,日本学,教育)に関連した論文(論文タイトルに「文化」というキーワードが入ることが望ましい)。ただし,日本学と関連のない論文は除外。
  • 論文作成言語:韓国語,または日本語,ないし英語
  • 論文投稿締切:2017年11月30日(木)
  • 論文要旨:英語並びに日本語(二つの言語での作成が義務):英語と日本語の要旨は合わせて1ページに収まるようにしてください。
  • 分量:A4サイズ1枚以上20枚以内(参考文献及び要旨含む):20ページを超える論文は1ページあたり1万ウォンを追加する。
  • 論文審査費:6万ウォン:論文投稿時に納付のこと(審査費納付後,論文審査を進める)。

 

日本比較文化学会第40回大会(国際学術大会)発表者募集のお知らせ(2018.01.11更新)

2017年 10月15日

日本比較文化学会第40回全国大会2018年度日本比較文化学会国際学術大会日程ならびに研究発表募集のお知らせ(2018.01.18現在)

日   時:2018519日(土)

場   所:高知大学(朝倉キャンパス)

シンポジウム・テーマ:「比較文化の手法」

シンポジウム発表者は、以下の各地区代表5

(韓国代表1名、台湾代表1名、東北・関東代表1名、中部・関西代表1名、中四国・九州代表1名)

選出は各支部長経由で 奥村まで(2018年1月末まで)

口頭発表・ポスター発表の申込締切:20181月末採否確認2月10

申込方法 :「研究発表要旨(A4サイズ1枚)」と「 第40回大会発表申込書」を添付ファイルにして、

hikaku40@hotmail.comまでご送付願います。

その際、「件名」を「日本比較文化学会第40回大会発表申し込み(お名前)」と記して送信してください。

研究発表要旨の作成要領:

・マイクロソフト社のWORDを40字X36行(MS明朝)に設定し、中央揃えの1行目に研究発表題目、1行あけて氏名を記載し、同一の行の(  )内に所属と職位をご記入願います。さらに1行あけて、A4サイズ1枚に収まる分量で日本語もしくは英語のレジュメを作成してください。

・なお、応募にあたっては、日本比較文化学会ホームページに掲載されている「全国大会研究発表及びシンポージアム発表申し合わせ」をご確認ください。

     

連絡先:大会運営委員長・会長 奥村 訓代hikaku40@hotmail.com)